マンション経営を行う上でのポイントとは

###Site Name###

マンション経営を行う上で大切なポイントとしては、どのような保有の仕方をするかを考えるということです。

例えば頭金を少なく抑えて出費をいかに抑えるかもひとつの方法です。

毎月のローン返済をどの程度に設定するかも大切です。

基本は家賃収入を丸ごと充てることはしないということです。
時に空き部屋となる時期が訪れることもあるので、その補填のために毎月少しずつでも蓄えを残すようにすることが大事です。



さらに頭金を多くするほどに金利負担も少なくなるために、支払いの総額も少なくなります。銀行に定期預金に入れることと比べると、利回りはかなり有利なものとなります。
また極力短期で返済を終えるようにすればその後の家賃収入がそのまま残るようになります。

逆に長期ローンにすると毎月お小遣いとして手元に残るようにもなります。
またマンション経営は途中で売却することも可能です。

それを考慮して資金計画を立てることもできます。その場合、売却金額とローンの残債を差し引いた分から手数料などを引いた残りが手元に残ることになります。



頭金や諸費用などを引いても手元に残れば、それが収益となるわけです。



このようにマンション経営は持ち方が様々なので収益の出し方もそれぞれとなります。
ポイントはいかに負担をかけないかということ、そしてリスクをどのように管理するかです。

空き家リスクを避けるために家賃保証を利用するのもひとつの手段となります。

もちろん、相場の家賃金額よりも少ない金額が毎月振り込まれることになるので、それでローン返済を賄うことができることが前提となります。